ここから本文です

モルフォチョウの瑠璃色を再現した発色シートを開発、色素使わず

EE Times Japan 8月15日(月)10時34分配信

■ナノ構造設計と多層薄膜形成技術の融合

 凸版印刷は2016年8月、顔料や染料などの色素を使わずに、モルフォチョウの瑠璃色を再現した構造発色シート「モルフォシート」を開発したと発表した。

 インダストリー4.0を見据え、欧州や米国を中心に生物の持つ優れた機能や原理を模倣する「バイオミメティクス」が注目されている。2015年12月には、バイオミメティクスに関する国際標準ISOが制定され、製造プロセスの標準化が検討されている状況だ。

 日本においても、文部科学省の新学術領域として「生物規範工学」が採択され、生物学、史学、工学、情報工学が連携したバイオミメティクスに関する研究が、大学や研究機関だけでなく、民間企業でも行われている。特に、玉虫やモルフォチョウ、カワセミ、孔雀など生物の織り成す構造色が好まれ、長年にわたって研究されてきた。

 モルフォシートは、同社が培ってきたナノ構造設計技術と多層薄膜形成技術の融合によって実現。ナノインプリント技術により形成したナノ構造に金属薄膜を多層に成膜することで、光の反射と散乱を制御し、色を表現することが可能になる。構造や多層薄膜による物理的相互作用で発色するため、顔料や染料を使用した従来品と比較して、太陽光や蛍光灯などの紫外線による退色なく、鮮やかな色が長持ちするという。

 同社は今後モルフォシートを、偽造防止などのセキュリティや、屋内外でのプロモーションツールへの活用に向けた研究開発を進め、2017年度中の実用化を目指すとした。

最終更新:8月15日(月)10時34分

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]