ここから本文です

山中さん(喜多方出身)がトーク 絵本ワールド最終日

福島民報 8/15(月) 11:14配信

 絵本の魅力や楽しみ方を紹介する「絵本ワールドinふくしま2016」の最終日は14日、福島県郡山市のビッグパレットふくしまで喜多方市出身の版画家山中現さんによるギャラリートークが催された。
 山中さんは児童文学作家新美南吉の童話「ついていったちょうちょう」の絵を担当。来場者に原画を紹介しながら、作品への思いや創作する際のイメージを膨らませる方法などを説明した。
 絵本作家による講演や読み聞かせなどもあり、来場者が聞き入っていた。
 イベントは福島民報社などでつくる実行委員会の主催、県書店商業組合の協力で13日から開かれていた。

福島民報社

最終更新:8/15(月) 12:22

福島民報

なぜ今? 首相主導の働き方改革