ここから本文です

レスリングで銅獲得 卓球男子団体が4強入り=リオ第10日

聯合ニュース 8月15日(月)13時20分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第10日の14日、レスリング男子グレコローマンスタイル75キロ級の3位決定戦で韓国のキム・ヒョンウがクロアチアのボージョ・スタルチェビッチを6―4で下し、銅メダルを獲得した。

 2012年の英ロンドン五輪の66キロ級金メダリストのキムは、今大会では階級を上げ金メダルに挑戦したが惜しくも銅メダルにとどまった。

 これに先立ち行われた2回戦ではロシアのロマン・ウラソフに釈然としない判定の結果、5―7で敗れている。

 フェンシング男子のエペ団体に出場した朴相泳(パク・サンヨン)、鄭鎮善(チョン・ジンソン)、朴ギョン杜(パク・ギョンドゥ)、チョン・スンファは準々決勝で敗退した。

 フェンシングは朴相泳が男子エペ個人で金メダル、金政煥(キム・ジョンファン)が男子サーブル個人で銅メダルを獲得し大会を終えた。

 射撃は男子ライフル3姿勢に挑んだ金宗玄(キム・ジョンヒョン)が決勝進出を逃した。金はロンドン五輪の同種目で銀メダルを手にしている。

 卓球男性団体では韓国がスウェーデンに勝ちベスト4に進出した。韓国は15日、中国との準決勝に臨む。

 既に準々決勝進出が決まっているバレーボール女子はカメルーンに3―0で完勝し、A組3位で予選を終えた。

 韓国は15日午前(日本時間)現在、金メダル6個、銀メダル3個、銅メダル5個で国・地域別で10位につけている。

最終更新:8月15日(月)19時39分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]