ここから本文です

【一問一答】14位の福士「もう一歩も走らん。ハハハ」

デイリースポーツ 8月15日(月)6時10分配信

 「リオ五輪・マラソン女子」(14日、サンボドロモ発着周回コース)

 日本勢は、福士加代子(34)=ワコール=が2時間29分53秒で14位、田中智美(28)=第一生命=が2時間31分12秒で19位、伊藤舞(32)=大塚製薬=は2時間37分37秒で46位だった。日本勢トップだった福士の一問一答は次の通り。

 -20キロまでいい感じだった。

 「獲れなかったよ金メダル~。あの時は金メダル獲れると思ったけど、もう一回離れたときにしんどかった。足に来てた。もう一回行けなかった。30キロくらいから動いてきた。一番最後は抜けてよかった」

 -レースの組み立ては。

 「集団がいっぱいいたんで、とりあえず中にいて、20キロの時に離れすぎたのでああなった。位置取りが難しかったね」

 -状態はどうだった。

 「ベストコンディション!」

 -レースプランとしては。

 「モスクワ(世界選手権)の時みたいに場所を取れればいいなと。20キロまではいけるかなと思ったけど、あの(先頭集団の)中で上げ下げがあって(駆け引きが)上手だな~と思った」

 -対応する練習はできなかったか。

 「わからん。十分やったよ。マラソンわかんねえ」

 -五輪では初マラソンだったが。

 「きつい、しんどい、きつい、しんどいの繰り返しだね。やっぱゴールがあるし、オリンピックだし、頑張れるよね」

 -最後のガッツポーズは。

 「これで終わりだ~って。ラストだって。しかも抜けそうだったから、抜いたれ~って」

 -暑さの影響は。

 「わかんねえ。風もあったし。負けたよ。頑張ったけど、負けちゃった。全部やった。何が悪いかはわかんない」

 -開き直り。

 「1回開き直って、最終的に30キロで開き直った。最後は丸裸になった。14番?ダメだね。でも楽しかったよ。終わってみれば」

 -30キロから体が動いて。

 「もう終わりだ。もう終わりだって。最後まで金メダルだと思ったから頑張れた。みんな欲しいものは口に出して言うものですよ」

 -それだけ練習で追い込めたか。

 「練習もだし、自分で目標を立てられたので。でも獲れませんでした。私、人生の中で一番頑張りました。もういい!」

 -マラソンは。

 「もうやんねえ!日本記録?いらねえよそんなもん。今のところ何もいらねえ。もう一歩も走らん。ハハハ」

最終更新:8月15日(月)6時14分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。