ここから本文です

天変地異!? 上野公園・不忍池に“ポケモン特需” 屋台のおじさん「毎日が日曜日みたい」

ITmedia ニュース 8月15日(月)14時41分配信

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」の国内配信が始まって3週間以上がたち、その熱狂ぶりは沈静化したかと思いきや、お盆シーズンに盛り上がりを見せている公園があった。東京・上野恩賜公園の不忍池だ。平日・土休日を問わずポケモントレーナーが訪れ、屋台が立ち並んで“お祭り騒ぎ”になっているようだ。実際に記者が行ってみた。

【写真】8月12日(土曜)午後6時すぎの不忍池。老若男女のポケモントレーナーで大混雑に。

 不忍池は上野恩賜公園にあり、いまの時期はハスの花が見頃を迎えている。だが、8月上旬から、不忍池には「ミニリュウ」「ハクリュー」という珍しいポケモンが高い頻度で出現する――との情報がネットで拡散し「ミニリュウの巣」とも呼ばれるように。8月12日(土曜)には昼夜を問わず、レアポケモンを探す老若男女であふれていた。

 ポケモンでにぎわう不忍池には、まるで夏祭りのように十数件の屋台が立ち並んでいた。ある屋台のオーナーは「天変地異が起きている」と話す。「普段は土日しか店を出さないが、“稼ぎ時”なので急きょ平日も出すようにした。毎日が日曜日くらい売り上げがあるので、曜日感覚が狂いそうだ」。

 Pokemon GOではこれまでも、珍しいポケモンが出現する公園などにユーザーが殺到。不忍池と同じく「ミニリュウの巣」だった世田谷公園では、配信当初からプレイヤーが遊具を占拠したり、ほかの利用者とぶつかったりなどのトラブルも起きていた。

 だが、7月30日にポケモンの出現する傾向が変わり、世田谷公園にミニリュウがあまり現れなくなると、同園を訪れるユーザーも少なくなったようだ。屋台のオーナーも「(不忍池の特需も)いつ終わるか分からない」と事態を認識しているようで、「いま稼がなくてどうする?」と話していた。

最終更新:8月15日(月)17時38分

ITmedia ニュース