ここから本文です

SixTONESジェシー、沖縄ロケで全力ダンス?「バニラボーイ」撮影秘話

映画ナタリー 8月15日(月)15時48分配信

「バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」の完成披露試写会が、本日8月15日に東京・スペースFS汐留にて行われ、ジャニーズJr.内グループ・SixTONESのジェシー、松村北斗、田中樹と、小西成弥、前田航基、監督の根本和政が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

SixTONESの3人が主演した本作は、世界の平和を左右する“バカフライエフェクト”という特殊能力を持つ高校生・太田和毅とその仲間たちの青春を描いた作品。自身の力に気付かず平凡な学校生活を送る和毅を演じたジェシーは、役について「ほぼ僕です」と断言し、林秀太役の松村も「自分に近い役だった。僕のこと知らない人には“松村北斗”ってこんな人かと思ってもらえるかも。何回も観て僕を研究してください」アピールする。

身体能力がずば抜けている松永英男役の田中は「ジェシーの役は天然だからはっちゃけてる部分が多い。それを俺と北斗が演じる2人が不安そうに見るっていうシーンが多かった」と説明。そしてジェシーを指して「またこいつが楽しそうにやるんですよ!」と見やり、「交ざりたくてうずうずしてた。『俺もやりたい!』っていうのを我慢して、カメラが止まったら即行ふざけてました!」と現場のにぎやかさを伝えた。

舞台となった栃木のほか、沖縄ロケも行われた本作。沖縄ではちょうど梅雨の時期の撮影だったようで、小西が「みんなで外を走り回るシーンは、まさかの大雨洪水警報が出てる中で撮ったよね」と回想するも、ジェシーは1人余裕の表情で「俺だけそのシーンなかったから、ホテルのゲームコーナーでメダルゲームしてたよ」と答え、共演者たちからやり玉に挙げられる。

また前田が「僕は成弥くんと同じ部屋で、ずっとお兄ちゃんが欲しいと思ってたから楽しかった」と述べると、田中から「2人の部屋ずっとうるさかったよね!」と指摘が入った。ジェシー、松村、田中は3人相部屋だったものの、小西から「ジェシーが俺たちの部屋に来て、いきなり音楽かけて全力で踊り出したんですよ」と暴露が。謎の行動をバラされたジェシーは、松村を横目で見ながら「だって(松村が)本しか読まねーからさ」と弁解し、小西と前田に「2人とも意外とノッてたじゃん!」と笑顔を向けた。

終盤では本作の見どころとして、根本から「ダンスシーンは練習しているだけっていう台本だったけど、それじゃつまんないから急遽変えて、歌うシーンも入れました」との情報も。松村は「唐突にPVが入る、前代未聞の映画ですよ!」と声を上げ、最後にジェシーは「皆さんが観てくだされば2、3、4と続いていくかも!」と続編への意欲をぶつけた。

「バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ」は9月3日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー。



(c)2016「バニラボーイ」製作委員会

最終更新:8月15日(月)15時48分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。