ここから本文です

伊藤美誠、第5ゲームで悪夢の7連続失点 決勝かけ卓球女子団体

デイリースポーツ 8月15日(月)8時6分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・準決勝、日本-ドイツ」(14日、リオ中央体育館)

 ロンドン五輪で銀メダルの日本(伊藤美誠、石川佳純、福原愛)は第1試合のシングルスで15歳の伊藤が出場しペトリサ・ソルヤと対戦した。最終第5ゲームまでもつれる熱戦となり、2-3で落とした。

【写真】愛ちゃんチラッ!へそ出しショットきた~

 第1ゲームは伊藤の勢いが勝った。積極的に攻めていった伊藤がリードし、11-5で圧倒した。第2ゲームは相手がかける逆回転の打球に感覚が合わず、伊藤がアウトにしてしまうシーンが増え4-11で落とした。

 第3ゲームは横回転をかけるサービスを織り交ぜ、競り合いを制して11-8。第4ゲームは相手の強打に押され6-11と奪われ、最終ゲームにもつれた。

 第5ゲームは伊藤がポイントを重ねた。9-3と大きくリードを広げたが、ここから伊藤に五輪の重圧がのしかかった。伊藤のミス、相手の強打などで7連続ポイントを奪われ、一転してマッチポイントを握られる。1本は耐えた伊藤だったが、2連続でポイントされ10-12でこのゲームを落とした。

 団体戦のみに出場している伊藤にとって、これが五輪初の黒星となった。

最終更新:8月15日(月)10時4分

デイリースポーツ