ここから本文です

突然のピリオド アイドルグループ「10COLOR'S」、異例のメンバー全員卒業へ

ねとらぼ 8月15日(月)16時12分配信

 山口県、福岡県を中心に活動する女性アイドルグループ「10COLOR'S(テンカラーズ)」が、9月25日で現メンバー7人全員が一挙に卒業することを発表しました。運営の不徳でメンバーに大変負担をかけてしまったことが卒業の最大の要因だと説明されています。

【卒業する7人のメンバー】

 同グループは2012年11月に結成。4年間に渡り精力的に活動してきましたが8月14日、公式ホームページ上で現メンバー7人全員の卒業を発表しました。9月25日に行われる卒業ライブ後は、正式メンバー不在ながらもグループ名は存続。各メンバーは、自身のブログやTwitterで心境を語っています。

 リーダーの堀合華奈さんはブログを更新し、卒業の理由を「今後の活動への運営さんとメンバーの方針の違い」「運営さんとメンバー間で積み重なった行き違いによりこれ以上このような状況で活動するのは困難であるとメンバー、運営共に話し合いこの卒業が決定しました」とつづっています。また、メンバーの宮内彩夏さんも「本当に色々な事があり運営さんともたくさんの事を話してきました」と、卒業に至るまでの経緯に触れながら、「方向性の違い」という言葉を使って事態を説明しました。

 メンバー全員が卒業という異例の事態ながらも、「運営の不徳」「方向性の違い」など具体的な理由は終始伏せられており、ファンからも不安と心配の声が多く波紋が広がっているようです。

最終更新:8月15日(月)16時12分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。