ここから本文です

阪神「メモリアルデー」やっと勝った!

東スポWeb 8月15日(月)16時43分配信

 阪神が中日戦に快勝し、今季2度目の同一カード3連勝を飾った。福留を休養させた若手主体の打線が8安打8得点。金本監督は若虎の暴れぶりに「なかなか簡単にはいかない。自信にしていってほしいが、慢心してはダメ。慢心したら片岡コーチが激怒するシステムになっているから」と言いながらも笑顔だった。

 負けられない戦いだった。この試合は「藤村富美男生誕100年記念 永久欠番デー10」と銘打って行われ、親族を招待し、首脳陣や選手は藤村氏の背番号「10」の刺しゅうが入った帽子を着用。試合前のセレモニーでは大型ビジョンで、かつての雄姿が放映された。昨年3月の「永久欠番デー」や今年5月の「村山実生誕80年記念 永久欠番デー11」など大事な日に阪神はことごとく負けていただけに、今度こそ、の思いだった。

 結果は序盤からリードを奪っての圧勝劇。チーム関係者は「今日負けていたら何を言われるか分からなかったのでよかった。これまでメモリアルデーに弱かったが、大事な試合でしっかり勝てるというのはチームが変わってきた証拠なのかなと感じる。選手も気合が入っていたし、ここぞというときに勝負強いのは頼もしい」と安堵の表情。金本監督も「記念の日に勝てて後輩としてよかったと思う」と喜んだ。

最終更新:8月15日(月)16時43分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報