ここから本文です

中日・森監督代行「小笠原10敗してもいい」

東スポWeb 8月15日(月)16時43分配信

 中日が14日の阪神戦(京セラドーム)に1―8で惨敗。5連敗で借金は19年ぶりに19まで膨らみ、自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅した。プロ6度目の先発マウンドに上がったドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介(18)が4回途中5失点でKOされた。

 またも初勝利はお預けで、4敗目を喫した小笠原は「実力不足です」とがっくり。だが、森監督代行は「これで負けたからもう投げさせないということはない。一度抹消して10日後に昇格させることもあるかもしれないが、俺の考えでは10敗ぐらいしても構わない。俺だって1年目には16敗(5勝)したんだから。何敗しようが、それを倍にして返してくれればいい。まだまだ経験させてやりたい」と“特権”を与える構えだ。

 9日に成績不振で谷繁監督が事実上の解任。森監督代行は「本来は谷繁監督じゃなく(ヘッドコーチの)俺が責任を取らないといけない立場」と漏らしており、チーム関係者は「森さんは最悪、今季限りでチームを去ることも覚悟している。だから何としても今季中に小笠原に勝ち星をつけてやるのが自分の義務だと思っているんだよ」という。

 小笠原は「期待されるのは1年目だからと思うので、次につなげられるようにしないといけない」と話す。森監督代行の期待に応えられるか。

最終更新:8月15日(月)16時43分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。