ここから本文です

石川佳純、大逆転勝利!卓球女子決勝へあと2勝 0-2からカット攻略

デイリースポーツ 8月15日(月)9時4分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・準決勝、日本-ドイツ」(14日、リオ中央体育館)

 ロンドン五輪で銀メダルの日本(伊藤美誠、石川佳純、福原愛)は第2試合のシングルスでエースの石川が出場し、ハン・インと対戦した。2ゲームを先に奪われてからの大逆転で3-2で勝利した。第1試合、伊藤のシングルスは敗れており1勝1敗となった。シングルス4戦、ダブルス1戦のうち先に3勝した方が勝利となる。

【写真】愛ちゃんチラッ!へそ出しショットきた~

 第1ゲームから相手のカットとナックルを織り交ぜる攻撃に苦しめられた。2-1から6連続ポイントを奪われペースを失うと、強打で活路を見いだそうとするも攻めきれず、このゲームを落とした。

 第2ゲームもカットに苦しみ5-9まで追い詰められるが、ここから石川得意の強打が決まり始める。長いラリーを制するなどし、9-9まで持ち込んだが、ここで再び相手のカットにミスを誘われゲームポイントに。ゲームポイントもこらえられず、2ゲーム連続で落とした。

 後がなくなった第3ゲーム。序盤から相手が拾えないほどの強打でポイントを奪う石川は、カット攻略の糸口を見いだした様子。最後は強打を相手が返せず11-6で1ゲーム取り返した。

 第4ゲームは相手がカット主体から、強打も織り交ぜてきた。しかし、打ち合いには自信のある石川はブロックではね返し3-3から5連続ポイント。ここでネットインによる不運な失点が続いたものの気持ちを切らさず、11-6とし、ゲームカウントでも2-2で追い付いた。

 第5ゲームは激しいポイントの奪い合いとなった。5-5から石川が3ポイントを連取したかと思えば、相手にも3ポイント連取が出て8-8に。ここから石川がフォアサイドへ辛抱強くドライブ回転の打球を集め、チャンスを待ってからの強打をことごとく決めて、11-8とした。

最終更新:8月15日(月)10時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]