ここから本文です

IIJmioとFREETEL SIMが総合満足度で最優秀――イードの「格安SIMアワード2016」

ITmedia Mobile 8月15日(月)16時57分配信

 イードが、通信速度測定サービス「RBB SPEED TEST」の利用者に対して格安SIMサービスの満足度調査を行い、その結果をもとに8月15日に「格安SIMアワード2016」を発表した。

【最優秀のサービスは?】

 満足度調査は「通信速度」「コストパフォーマンス」「ブランドイメージ」「利用サポート」「総合満足度」の5部門で実施したほか、プリペイドSIMを使ったことのある人に対して「プリペイド」部門での調査も行った。調査期間は2016年7月12日から8月2日。有効回答数は格安SIMユーザーが1244、プリペイドSIMユーザーが309。

 総合満足度では、インターネットイニシアティブの「IIJmio」が、2015年に続いて最優秀を獲得した。また、プラスワン・マーケティングの「FREETEL SIM」も同率で最優秀を獲得した。優秀はイオンリテールの「イオンモバイル」となった。

 通信速度では、UQコミュニケーションズの「UQ mobile」が2年連続で最優秀となり、FREETEL SIMが優秀を獲得した。この2社の実効速度は、ITmedia Mobileで連載している「通信速度定点観測」でも毎月高い数値を記録している。

 コストパフォーマンスはFREETEL SIMが最優秀、ソニーネットワークコミュニケーションズの「0 SIM」が優秀を獲得。0 SIMは500MB未満までは無料という料金が分かりやすいが、FREETEL SIMは最安料金の「299円(ニクキュー)」をアピールするCMが広範囲に知れ渡り、0 SIM以上の効果を発揮したようだ。

 ブランドイメージではIIJmioが2年連続で最優秀を獲得し、優秀はビックカメラの「BIC SIM」が獲得した。BIC SIMはIIJmioのSIMカードを採用しているので、IIJがリアル店舗においても良いブランドイメージを構築できたといえる。

 利用サポートではケイ・オプティコムの「mineo」が最優秀、DMM.comの「DMM mobile」優秀を獲得した。

 プリペイドSIMでは「IIJmio プリペイドパック」が最優秀、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE プリペイドパック」が優秀を獲得した。

最終更新:8月15日(月)16時57分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]