ここから本文です

ついにトップ10を独占した「LINE」 家族のやりとりに興味あり?

ITmedia Mobile 8月15日(月)16時59分配信

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、8月8日から8月14日までのアクセスランキングを集計しました。今回のランキングでは、ついに「LINE」関連の記事が1位から10位までを独占しました。しかも、全て連載「ここがヘンだよ!親LINE」からのランクインです。

【相変わらずピカチュウが……】

 ランキングには掲載されていませんが、「トップ15」まで範囲を広げても、14位に入った「「想像を絶する1年」だったけど「生きています(笑)」――UPQ中澤氏が振り返る1年」以外の記事は全てLINEネタでした。皆さん、他の家庭でのLINEのやりとりに興味があるのでしょうか。

 今回のランキング1位の「お姉ちゃんもう少し頑張って! 「笑」の変換すら面倒がる姉のLINE」は、予測変換の最初に出てくる候補を選んでしまった結果、おもしろいトークのやりとりになってしまった事例です。ランキング4位の「慌てすぎだろ! LINEで豪快に書き間違える母」は、慌てたと思われる母親が「ちょっと待ってて!」と打とうとしたところ「ちょっとまつまてて!」となってしまったという事例です。

 どちらの事例も「あ、心当たりがある!」という人が少なくないでしょう。かくいう筆者も心当たりがたくさんあります。トークを送る前に、少し落ち着いて内容の確認をすることも大切ですね。

 一方、先週までと打って変わり「ポケモンGO(Pokemon GO)関連の記事はトップ10には入りませんでしたが、多くのアクセスを集めていることには変わりないようです。その中では、先週6位にランクインした「『ジムで勝てない』『トレードしたい』 ポケモンGOで改善してほしいこと」は同じことを考えている人がいるせいか、よく読まれました。

 筆者のポケモンGOはどうかというと、休日などをうまく活用した結果、ポケモンずかん(Pokedex)はだいぶ充実してきました。しかし、肝心要のピカチュウはまだいません。ポケモンのたまごも1週間で18個ぐらいふ化させたはずなのですが、ピカチュウはやはり出てきません。最近はビードルがよくふ化します……。筆者のもとにピカチュウがやってくるのはいつなのでしょうか?

●ITmedia Mobile Weekly Access Top10

2016年8月8日~2016年8月14日


1. お姉ちゃんもう少し頑張って! 「笑」の変換すら面倒がる姉のLINE
2. 猫を溺愛する母のLINEが何かおかしい
3. どうしてこうなった! 絶対にLINEで「BBQ」と言えない父
4. 慌てすぎだろ! LINEで豪快に書き間違える母
5. 鈴木家の親子LINEが想像以上に鈴木すぎた
6. 「野菜ジュースを送りたいのですが」 母のLINEがさりげなくヤバかった
7. シュールすぎるだろ! LINEで判明した母のプレゼントの真意
8. 「鈴木ダラーン」 母のLINEがやる気ない
9. 虫を見ると思い出す? 母が息子に送ったLINEがホッコリする
10. 「お母さんです~汗」 俺のカーチャンLINEがこんなにカワイイわけがない

最終更新:8月15日(月)17時54分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]