ここから本文です

ウィリアム王子夫妻、無料の超豪華バカンスに批判の声

Movie Walker 8/15(月) 18:08配信

ウィリアム王子とキャサリン妃は、大富豪の友人たちが所有するヴィラや別荘に無料で宿泊して超豪華なバカンスを楽しんでいると英紙デイリー・メールが伝えている。

【写真を見る】無料でバカンス行き放題!?オファーが相次いでいるというウィリアム王子夫妻

先週、フランス南部でバカンスを楽しんでいた2人は、大富豪のマイケル・グリーンが所有する古城に滞在させてもらっていたそう。スイス、バルバドス、マスティク島など、さまざまな場所でバカンスを楽しんでいる2人には、世界中に不動産を所有する大富豪の友人たちのネットワークがあり、ウィリアム王子夫妻が彼らの別荘を使用することは友人たちのイメージアップにもつながるので、「ぜひ無料で使用してほしい」というオファーが相次いでいるという。

同紙によれば、2人はカリブ海のマスティク島に出かけたときには、アパレル企業であるジグソーのオーナーが所有する1泊2万ポンド(約263万円)の超高級ヴィラに泊まっていたそうだが、所有者はキャサリン妃の両親の友人なので、無料で利用できた。タダなのは宿泊する場所だけではないそうで、「彼らがマスティク島に来るときは、まったくお金を使うことはありません。すべてホストが払っています。専属の運転手、シェフ、身の回りのことを行うスタッフ、何もかも提供されています」と関係者が英紙デイリー・メールに明かしている。

「私は2人のファンだったんだけど、何か最近イライラしてきた」「初めて聞く話じゃないでしょう。王室メンバーや元首相は、彼らに取り入ろうとする富豪たちの負担でバカンスに行く」「この2人は人生そのものがバカンスのように見える」「バカンスの費用を払っていたら税金の無駄づかいと言われるし、無料なら嫉妬されるし、どっちにしても批判される」などの読者コメントが英紙デイリー・メールに寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8/15(月) 18:08

Movie Walker