ここから本文です

ウサイン・ボルトが100m3連覇 9秒81、ゴール前に胸たたく余裕も

デイリースポーツ 8月15日(月)10時29分配信

 「リオ五輪・陸上男子100m・決勝」(14日、五輪スタジアム)

 世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒81でこの種目史上初の3連覇を達成した。五輪のトラック種目を通じても史上初の偉業となった。

 スタートはジャスティン・ガトリン(米国)がリードしたが、中盤以降で驚異的な伸びを発揮。4、5番手から前へ出てガトリンらを抜き去った。ゴールの前には右手で自分の胸をたたき自分を誇示する余裕すら見せた。

 勝利の後は大会マスコットと余裕の記念撮影。スタンドの応援団のもとへ歩み寄り、歓喜の抱擁をしながら勝利の余韻にひたった。

最終更新:8月15日(月)11時37分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。