ここから本文です

韓日併合後の独島編入示す文書発見 日本の主張と食い違い

聯合ニュース 8月15日(月)18時19分配信

【釜山聯合ニュース】独島が1910年の韓日併合後に編入されたことを示す島根県の文書が見つかった。島根県が1905年2月22日の告示で独島を編入したため、1945年の敗戦により韓国に返還した領土に独島は含まれないという日本の主張とは食い違う文書だ。

 韓日文化研究所の金文吉(キム・ムンギル)所長(釜山外国語大学名誉教授)は15日、独島が1939年に島根県に編入されたとする文書を日本で発見したことを明らかにした。

 文書は1939年9月に島根県と同県隠岐の島の村長がやり取りしたもの。県は隠岐の島の村長に独島をいつ、どのように編入したかを問い、これに対し村長は同月24日の文書326号で、村議会の決定により昭和14年(1939年)4月24日に編入したと答えた。

 金所長は「文書が記した通り独島が1939年に編入されたとすれば、韓日併合より後のため、独島は1945年の日本の敗戦と同時に主権を返還されたと解釈しなければならない」と指摘した。また、これまで日本が編入を主張してきた1905年の告示が対外的な標榜ではなく回覧状態だったこととも合致するとした。

 韓国の学界は1905年の島根県の告示について、告示を通じて他国の領土を勝手に編入できないという点や、日本が告示の写本しか提示できない点を問題視してきた。日本は原本を1945年に焼失したとしており、しかも写本には内部文書であることを示す「回覧」の印が押され、対外的に完全なものではないという指摘もある。

 金所長は釜山外国語大学で日本の歴史学を長年教え、2010年の退任後、韓日文化研究所を設立した。

最終更新:8月15日(月)19時10分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。