ここから本文です

15歳伊藤に五輪の魔物、勝ち切れず涙 「今日の試合は私の責任」

デイリースポーツ 8月15日(月)11時59分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・準決勝、日本2-3ドイツ」(14日、リオ中央体育館)

 ロンドン五輪で銀メダルの日本(伊藤美誠、石川佳純、福原愛)は2勝3敗で敗れ、2大会連続の決勝進出を逃した。2大会連続のメダルをかけた3位決定戦へまわることになった。第1試合のシングルスと第3試合のダブルスに出場し、2敗してしまった15歳の伊藤は、涙を流しながら「今日の負けを生かしていきたいなと思います」と3位決定戦への思いを語った。

 1回戦、準々決勝と怖いもの知らずのプレーで躍動した伊藤が、五輪の魔物にとりつかれた。第5ゲームにもつれ込んだ第1試合、9-3と大きくリードを広げ、勝利へあと2ポイントに迫ったが、伊藤のミス、相手の強打などで一気に7連続でポイントを奪われた。流れを自力で覆すことができず、結局10-12で敗れた。

 ダブルスでもゲームカウント2-1で迎えた第4ゲームの終盤で9-7と勝利を目前にした場面をものにできず。詰めの甘さを痛感した。「ソルジャ(ソルヤ)選手に、すごく強いんですけど負けてしまって。勝っていたんですけど負けてしまってすごく悔しいですし、チームの流れにもすごく大きいので…」と顔をこわばらせた伊藤。福原や石川のプレーを見て、「先輩たちのプレーは強気だなとすごく思いました。1番手、最後何もできなかったのも、それが一番の原因じゃないかなと思います。今日の試合は私の責任かなと思います」と目に涙を浮かべた。

最終更新:8月15日(月)13時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]