ここから本文です

石川佳純、福原戦「少しでも力に」と猛声援で退席処分 3決へ切り替え

デイリースポーツ 8月15日(月)12時53分配信

 「リオ五輪・卓球女子団体・準決勝、日本2-3ドイツ」(14日、リオ中央体育館)

 ロンドン五輪で銀メダルの日本(伊藤美誠、石川佳純、福原愛)は2勝3敗で敗れ、2大会連続の決勝進出を逃した。石川はシングルスの第2試合、第4試合に出場して2勝を挙げ奮闘したが、チームとしては勝利に結びつかず。最終第5試合の福原の試合では、退席処分を受けてしまうほど熱を入れて声援を送ったが、2大会連続のメダルをかけた3位決定戦にまわることになった。

 第2試合ではカット主体のハン・インに苦戦し、先に2ゲームを落としたが、ここからエースの意地を見せた。カットに対応し、打ち合いでも競り勝って3ゲームを連取した。シャン・シャオナとの第4試合は、強気に持ち前の強打を連発し、ストレート勝ち。この日2勝目を挙げた。

 「1番で(伊藤)美誠ちゃんが惜しく負けてしまって、必ず取り返すんだという気持ちで試合に入りました」と試合を振り返った石川。劣勢になっても「自分らしいプレーを心掛ければかならず得点が取れる」と強い気持ちで勝ち切った。

 福原のシングルス第2ゲームの途中で、声援がルールで禁止されているアドバイスととらえられたのか、レッドカードで退席処分を受けた。「5番はプレシャーがかかるところなので、そこで福原さんも、すごくいいプレーをしていたので、少しでも力になればいいなと思ってました」と声を出したが、あと一歩届かなかった。

 中国とシンガポールの敗者と対戦する3位決定戦へ「1日あるので、しっかり準備して、いただいた役割をしっかり果たせればいいなと思います」と切り替えていた。

最終更新:8月15日(月)20時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。