ここから本文です

アンジャッシュ児嶋のイヤなヤツぶりを「少女」監督が絶賛、「みんなが嫌ってた」

映画ナタリー 8月15日(月)19時4分配信

「少女」のスペシャルイベントが本日8月15日、東京・汐留にて開催中の「超汐留パラダイス-2016 SUMMER-」内で行われ、キャストの児嶋一哉(アンジャッシュ)、監督の三島有紀子、主題歌を担当した音楽ユニットGLIM SPANKYが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

湊かなえの小説を実写化した「少女」は、「人が死ぬ瞬間を見たい」という欲望にとらわれた2人の女子高生の夏休みを描くミステリー。本田翼が何を考えているのかつかめないところがある桜井由紀を、山本美月が由紀の同級生でいじめられていたことのある草野敦子を演じ、その脇を真剣佑、稲垣吾郎らが固める。

由紀と敦子が通う高校の国語教師・小倉一樹役を務めた児嶋は「女性の世界は怖いなと。そういう世界をのぞき見できる作品です」と作品をアピール。またバラエティ番組でも共演経験があるという本田について「本田さんはおちゃめな人なんですけど、役者になると全然違う。迫力がすごかったです」と現場を振り返る。

自身の役が“イヤなヤツ”だったと言う児嶋は「なんで俺に話が来たのかなと。こんなにいい人間なのに」と笑うと、三島から「いや、わかりますよね?」とツッコミが。「『しあわせのパン』という映画では明るくて面白い大泉洋さんにイメージと違う役をやってもらい、今回は本田翼さんに文学少女の役をやってもらって。私はそういう、イメージと違うキャスティングをすることが多いんですけど、児嶋さんはドンピシャの役で。女子高生30人ぐらいいましたけど、みんな(児嶋のことが)嫌いでしたからね」と三島が冗談交じりに言葉を続けると、会場は笑いの渦に包まれた。

未完成の映画を観ながら主題歌「闇に目を凝らせば」を制作したというGLIM SPANKYの松尾レミ(Vo, G)は「その時点で素晴らしい映像でした。監督が、私たちがもともと持っている幻想文学やシュールレアリスムの世界観を『すごくいい』と言ってくださったので、それに合わせてシンプルに、書きたいように書かせていただきました」と述懐。GLIM SPANKYの楽曲について三島は「この作品に対してすごくパッションを持ってやってくれて。素晴らしい楽曲ができたなと思っています」と胸の内を明かす。

観客へのメッセージを求められた三島は「闇の中を歩いてるんだけど一筋の光を信じてる、という人は多いと思う。そういう人に観てもらいたい」とコメント。三島が「あと、児嶋さんのイヤなヤツぶりもぜひ観てください」と再びイジると、児嶋も「そういうことですよ」とヤケ気味に返答し、「注目してほしいのは普段いい人な僕が演じるイヤなヤツなので、もう個人的には僕を観てください!」と笑顔で自身を売り込んだ。トーク終了後にはGLIM SPANKYの2人が「闇に目を凝らせば」をアコースティックスタイルで披露し、会場に集まった観客を魅了した。

「少女」は10月8日より全国ロードショー。



(c)2016「少女」製作委員会

最終更新:8月15日(月)19時4分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。