ここから本文です

柔道陣の帰国に約400人が出迎え ベイカー茉秋は東京で「連覇目指す」

デイリースポーツ 8月15日(月)14時56分配信

 リオデジャネイロ五輪の柔道日本代表チームが15日、成田空港着の航空機で帰国。到着ロビーでは報道陣80人を含む約400人が出迎えた。

 最初に男子のメダリスト7人とコーチ陣が姿を現し、誇らしげに整列して祝福の花束を受け取った。続いて女子のメダリスト5人らが盛大な拍手を浴びながら登場した。

 その後の会見では、男子90キロ級金メダリストのベイカー茉秋(東海大)がメダルを胸に、「小さいころからの夢が実現できた」とあらためて感想。4年後の東京五輪に向けては「連覇を目指します」ときっぱり言い放った。ベイカーは旧86キロ級を含め、この階級の日本勢初の五輪制覇となった。

 また、2大会連続のメダルとなった女子57キロ級銅メダリストの松本薫(ベネシード)は、「地球の反対側で多くの応援をいただきました」と感謝のメッセージを伝え、3大会連続メダルのかかる4年後に向けては「東京の選手村は今回より大きいと思う」などとジョークを交えながら、東京五輪への思いを表した。

 男子の井上康生監督は競技終了後に選手やスタッフにかけた言葉を問われ、「ご苦労さんという言葉しかなかった」と明かし、その時に見せた涙については、「最高のメンバーとやれたことへの思い」と表した。

 井上監督はまた、4年後も指揮を執るかの質問に、「こればっかりは分かりません。(ロンドンからの)4年間では出し切った」と返答。木村昌彦強化部長は「次の人事については、全くここでは考えられない」と話した。

最終更新:8月15日(月)15時39分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]