ここから本文です

【ボート】ボクサー出身、岩橋裕馬の闘いの日々

デイリースポーツ 8月15日(月)17時14分配信

 「ボートレース記者コラム・仕事 賭け事 独り言」

 9月9日まで、122期生の募集が行われているボートレース。選手の募集要項には、一般枠の他に、さまざまな競技で、世界や国内で優秀な実績を持つアスリート向けに“特別枠”が設けられている(募集は今月31日まで)。その枠のひとつは“日本ボクシングコミッション公認A級ライセンスの資格を取得し、日本ランキング5位以内の者”と記された、ボクサー向けの要項である。上記の要項を満たした元ボクサーが、兵庫支部で懸命に練習を続けている。日本ミニマム級1位の実績を持つ118期の新人、岩橋裕馬(28)だ。

 兵庫県の森岡ジムに所属し、13年2月26日にはボクシング界の聖地、東京の後楽園ホールで、日本ミニマム級王者・原隆二を相手にタイトルマッチを挑んだファイター。彼は選手生活の傍ら、兵庫県・猪名川町B&G海洋センターで、エアロボクシング教室のインストラクターとしてバイト業務に従事していた。

 昭和48年に、モーターボート競走法20周年を記念して設立された「B&G財団」。ボートレースともゆかりのある職場で、彼の目に入ったのが、ボートレーサー募集のポスター。そこでボクサー特別枠の要項を発見し、岩橋の魂は揺さぶられた。「引退したら絶対この道に進みたいと思ってました」と決意を胸に、14年の特別枠を受験。数々の適性検査をクリアして、15年4月、やまと学校(福岡県柳川市)に入学。教官から「お前がダメだったら、今後ボクサーは採用しないぞ」と幾多の厳しい指導や練習に耐え、晴れて今年3月に卒業。5月から、兵庫支部の選手として、ボートレーサー生活が始まった。

 自らの拳ひとつで、数多くの修羅場をくぐり抜けてきた猛者は、「勝負の世界に入るからには、一番を取るつもりできた」と強い野心を持つ。だが、ボートレースの勝負の世界は、ボクシングの日本ランカーとはいえ、なかなか甘いものではない。12年11月にデビューした、日本ミニマム級の22代王者、金光佑治(32)=大阪・111期・B2=は今年6月、多摩川で初出走から404走目にして、ようやく初勝利を挙げた。同級1位の岩橋も、デビュー2戦目の蒲郡(6月)で4着の成績を最高に、6着が並ぶ厳しい結果が続く(8月14日現在)。コンマゼロ台のSを決め、道中で上位を狙える好位置を確保するも、2周目以降のコーナーでハンドルミス…、と技術的に未熟なレースもあった。「年齢も若くないので、人の何倍も何倍も練習するしかない」と悔しさを胸に秘めた。

 さらに同じ兵庫支部の新人、森悠稀(23)が「肩の荷が下りた感じで、めちゃくちゃうれしかったですね」とまるがめの一般戦(7月)でデビュー27走目に初の1着。やまと学校の卒業レースを制し、“やまとチャンプ”の称号を得た板橋侑我(20)=静岡・B2=も初出走で2着と鮮烈なデビュー。30走目の戸田(7月)で水神祭を飾り、チャンプの名に恥じない好走を披露している。同期の活躍に「先輩から焦らなくていいと言われるが、やはり意識はしてしまう。でも、気持ちだけは負けないようにしている」と前を向いた。

 ただ、気持ちだけでは選手としての成長はない。「白石健さんにお世話になって、ペラやエンジン特性をいろいろ教えてもらってます」と、兵庫支部の先輩選手から、アドバイスを参考に、選手としての技力向上へ努力を続けている。「ペラをしっかり叩きながらみっちり練習して、悪いエンジンでも勝てる技術を磨きたい」とどん欲な姿勢をみせる。培った技術を生かせる、頭脳を使った戦術面の向上も欠かせない。「ボクシングをしてる時でも、がむしゃらに行くタイプの人や、頭を使う人がいる。やはり勝負は頭を使わないと勝てない。どうやったらボートを速く操縦できるかなど、考えながらレースに臨みたい」と思考を巡らせた。

 ボートレーサーとして、最初の目標は水神祭だが、「早くB1に昇格して、さまざまなレースを走ってA級レーサーを目指したい」とあくなき上昇志向を持つ岩橋。だが、記者としてはボクシングに続き、ボートレース界の聖地、住之江で艇界の最高峰「SG・グランプリ」のステージに立つ姿を見てみたい。「グランプリですか?やっぱり出場してみたいですね」と表情が少し和らいだ気がした。

 ボクシングで相手を倒すために握られた拳は、ボートレースでは自らの勝利をたぐり寄せる、レバーやハンドル操作の要となる。岩橋がさらなる技量と頭脳プレーを磨き、初勝利を挙げるのは、そう遠くはないはずだ。(関西ボート担当・保田叔久)

最終更新:8月15日(月)17時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]