ここから本文です

近藤ようこの原画展示「折口信夫と『死者の書』」トークショーやサイン会も

コミックナタリー 8月15日(月)21時10分配信

近藤ようこ「死者の書」の原画などを掲出する企画展「折口信夫と『死者の書』」が、9月3日から10月10日にかけて東京・國學院大學博物館で開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

展示される原画は20点。会期中に入れ替えを行い、9月3日から22日にかけては上巻、9月23日から10月10日にかけては下巻収録分が掲出される。また会期中には、近藤が出演する関連イベントも多数開催。9月10日にはトークショー「『死者の書』を漫画化するということ」が、24日には「國學院の学び、『死者の書』」と題したトークショーとサイン会が実施される。そのほか教授や研究者による講演、アニメ「死者の書」の上映会なども予定。イベントスケジュールは、公式サイトにて確認を。

生誕130年記念「折口信夫と『死者の書』」
会期:2016年9月3日(土)~10月10日(月・祝)会場:國學院大學博物館校史展示室・ホール住所:東京都渋谷区東4-10-28(國學院大學渋谷キャンパス内)料金:無料

最終更新:8月15日(月)21時10分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。