ここから本文です

広島新庄・堀が1失点完投 迫田監督「勝因はコントロール」

デイリースポーツ 8月15日(月)18時8分配信

 「全国高校野球・2回戦、広島新庄7-1富山第一」(15日、甲子園球場)

 2年連続2回目出場の広島新庄が、エース堀瑞輝投手(3年)の90球3安打1失点完投の好投で、広島県勢として2011年の如水館以来5年ぶりとなる3回戦に進出した。チームとしては昨年を上回る甲子園2勝目を挙げ、初の3回戦進出。

 堀は1点リードの四回1死三塁から内野ゴロで1点を失ったが、慌てることなく五回以降無失点。直球は力むことなく制球し、スライダーを駆使して打者を打ち取った。

 迫田守昭監督は「ストレートのコントロールの良さが勝因。相手チームも好球必打できて怖いところもあったけど、それでもコーナーをついていた。勝因はコントロール」と褒めた。

 打線は7犠打を決め確実に走者を進め相手にプレッシャーを与えた。同点の六回には1死満塁から古本の2点適時二塁打で勝ち越し、八回には堀の2点適時三塁打などで4点を加え試合を決めた。

最終更新:8月15日(月)18時33分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。