ここから本文です

タカマツペアが準決勝進出 マレーシア組に2-1

デイリースポーツ 8月15日(月)21時51分配信

 「リオ五輪・バドミントン女子ダブルス・準々決勝」(15日、リオ中央体育館)

 世界ランキング1位の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=は、フー・カムン、ウォン・ケウェイ組(マレーシア)に2-1で勝ち、準決勝に進出した。

 第1ゲームを21-16で先取。しかし第2ゲームは相手の粘りに苦しみ、12-16と、4ポイントのリードを許す展開に。そこから追い上げたが及ばず、18-21で落とした。今大会3試合目で、初めてゲームを奪われた。

 第3ゲームはしっかりと立て直し、序盤から相手を圧倒。11-3で折り返すと、後半も攻撃の手を緩めず21-9で取った。

 宮城・聖ウルスラ学院英智高に在籍していた2007年秋からペアを組み、今年で10年目。最大の目標とする金メダルに、また一歩近づいた。

最終更新:8月15日(月)22時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]