ここから本文です

ボルト優勝で五輪3連覇 100メートルで9秒81=リオ五輪

スポーツナビ 8月15日(月)10時29分配信

 リオデジャネイロ五輪の陸上男子100メートル決勝が日本時間15日に行われ、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒81で優勝し、五輪3連覇を果たした。

 ボルトは準決勝を9秒86で突破。決勝もライバルのジャスティン・ガトリン(米国)らを寄せ付けなかった。

 ボルトは2008年の北京五輪で当時の世界記録となる9秒69で優勝すると、12年ロンドン五輪でも9秒63の五輪記録で優勝。五輪に関してはリオが最後と明言している。

最終更新:8月15日(月)10時45分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。