ここから本文です

白井健三が新技決めて銅メダル!「転倒しても悔いはないと…」

デイリースポーツ 8月16日(火)3時54分配信

 「リオ五輪・体操男子種目別跳馬・決勝」(15日、リオ五輪アリーナ)

 白井健三(19)=日体大=は、大舞台で新技を繰り出し、銅メダルを獲得した。団体で獲得した金メダルに続き、自身初の五輪個人メダルとなった。

 1本目に「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を初めて成功させて、15・833の高得点をマーク。2本目はドリッグスで挑み15・066点で、2本平均15・499点とした。マリアン・ドラグレスク(ルーマニア)も同得点だったが、2本の最高点で上回ったため、3位を確保した。

 白井は14日に得意の床運動で着地のミスが続いて4位に終わりメダルを逃していたが、見事な巻き返し。競技が終わった直後、「気持ちよくやりたかった。十代最後の試合だし、五輪も4年後までないし、自分で満足しようと内容重視でやりました。(新技は)転倒しても悔いはないと思ってやった。まだ映像は見ていないが、自分でも感動すると思う」と笑顔で振り返った。

 リ・セグァン(北朝鮮)が15・691点で金メダルを獲得し、デニス・アブリャジン(ロシア)が銀メダル。

最終更新:8月16日(火)7時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。