ここから本文です

新技「シライ2」となること確実!練習で成功なしの“着地ライン内”本番で収めた

デイリースポーツ 8月16日(火)4時44分配信

 「リオ五輪・体操男子種目別跳馬・決勝」(15日、リオ五輪アリーナ)

 白井健三(19)=日体大=は、新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」に成功し、15・833点をマーク。2本目も15・066点でまとめ、2本平均15・449点で3位に入り、銅メダルを獲得した。跳馬でのメダルは1984年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司、森末慎二の銀メダル以来、32年ぶり。

 成功した伸身ユルチェンコ3回半ひねりは跳馬の新技として「シライ2」となることが確実となった。

 迷いのない瞳で果敢に攻めた。白井は1本目でまだ国際大会で誰も成功していない新技に挑戦。思い切りのいい跳躍からしっかりとひねりきると、着地もライン内にしっかりと収めきった。実はこれまで練習でもラインの中に収まったことはなく「とにかくビックリした。床で負けた分、それ以上のものを取り返せた気分」と、破顔一笑した。

 前日、金メダルの大本命とみられていた床では、消極的となり、らしくないミスを連発。4位に終わった。「跳馬は気持ちよくやろうと思った。結果は気にせず。今日の練習でも五輪のマークをみながら、ちょっとさみしい気持ちで練習していた。それぐらい今日は余裕があった」と、開き直りが本来の技のキレを生んだ。

 初めて個人のメダルを手にし「うれしさは断然、団体の方があるけど、すごく大きなものを乗り越えてのメダル。違ったうれしさがある」と、その重みを確かめた。

 これで初めての五輪は終了。「すごくやりきった感がある」と振り返った白井。24日に20歳の誕生日を迎えるため、これが10代最後の演技だった。「それを言われると、すごくさみしいけど、後悔はまったくない。素敵な10代だった。20歳になっても勢いそのままにいきたい!」。元気に白井らしく、未来へ所信表明した。

最終更新:8月16日(火)5時11分

デイリースポーツ