ここから本文です

【MLB】主砲不在のマーリンズが接戦制す、イチローは1打点

ISM 8月15日(月)16時47分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は現地14日、本拠地で行われたシカゴ・ホワイトソックス戦に1番ライトで先発出場。2打数無安打、1打点、1死球、1三振、1得点の成績だった。

 マーリンズは2点を追う5回、無死満塁のチャンスを作ると、先発トム・コーラー投手の2点タイムリー、イチローの犠牲バントで3点を奪い、逆転に成功。6回にコーラーが同点を許すも、7回にマーティン・プラード三塁手の適時打などで2点を勝ち越し、その後はリリーフ陣がホワイトソックスの反撃を1点にとどめ、5対4で競り勝った。

 マーリンズはこの日、主砲ジャンカルロ・スタントン外野手を、左脚付け根の負傷により15日間の故障者リスト(DL)に登録した。今季絶望の見通しとなっており、プラードは「大きな戦力がDLに入ることを知って、チームは少し自信を失っていた。それでも自分たちには、試合で戦う道を見つけるという使命があった」とコメント。ドン・マッティングリー監督は、「スタントン無しだと、我々は違ったチームとなる。だが、それでも前に進むにはじゅうぶんだ」と語った。(STATS-AP)

最終更新:8月15日(月)16時47分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)