ここから本文です

リオ五輪、女子マラソン視聴率22.6% 卓球女子団体も高視聴率

オリコン 8月15日(月)11時56分配信

 リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)で日本時間14日、TBSで陸上・女子マラソンが放送され、番組平均視聴率(後9:00~深0:14)が22.6%だったことが15日、わかった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。日本勢は福士加代子選手が14位、田中智美選手が19位、伊藤舞選手が46位だったが、多くの視聴者が深夜に及んだレースの行方を見守った。

 毎分視聴率の最高値は31.1%で、レースのスタートから53分経過した午後10時23分。15.3キロ地点、福士選手が11人の先頭集団でトップ争いを繰り広げている場面だった。先頭集団のすぐ後ろ、5人ほどの第2集団でも田中選手が先頭集団を追う走りを見せており、続く伊藤選手も20位で健闘していた。

 この週末は、卓球女子団体の試合も行われ、NHKで日本時間13日(前8:15~9:50)に放送された1回戦、日本×ポーランドは17.6%(3対0で勝利)。同じくNHKで日本時間14日(前7:45~9:22)に放送された準々決勝、日本×オーストラリア(3対0で勝利)は19.1%と高視聴率だった。

最終更新:8月15日(月)13時31分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。