ここから本文です

チャットモンチー新曲「majority blues」MV公開

オリコン 8月15日(月)18時0分配信

 ロックバンド・チャットモンチーの新曲「majority blues」のミュージックビデオが公開された。本作は、先週末からインスタグラムで断片的に公開していた映像のフルバージョンとなる。

【動画】チャットモンチー「majority blues」MV

 4月から首都医校・大阪医専・名古屋医専のテレビCMソングとしてオンエアされている同曲のMVの監督は、チャットモンチーのツアードキュメンタリー映画『ふたりじゃない』の撮影・編集・監督を務めたMINORxU氏が担当した。

 どこか違和感のある奇妙な実写映像の連続、それを真顔で俯瞰するチャットモンチーの2人。そのコントラストが、ボーカルの橋本絵莉子が実体験をもとに書いた強烈な歌詞を際立たせ、「majority」(多数派)と「minority」(少数派)について考えさせる内容となっている。

 橋本は「まさにmajorityとminorityがぶつかり合っているMVを、MINORxUさんが格好よく撮ってくれました。本当にうれしい。ブラックメタルの人と遭遇するシーンは、必見です」と見どころをアピール。

 福岡晃子(B)は「majorityでminorityなものは、ひとの生々しさみたいなものが詰まっている部分で、それをチャットモンチーとMINORxUさんの視点でうまく切り取れたと思います。完成したものを見るたびに温かさと切なさが込み上げてきます」とコメントしている。

 同曲はCD発売に先駆け、先行配信リリース中。

最終更新:8月15日(月)18時11分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。