ここから本文です

ボカロPゆよゆっぺがシンガーソングライターとしてメジャー・デビュー! 平成のフォークソングをアンプラグドで唄う

BARKS 8/15(月) 15:39配信

ボカロPとして知られるゆよゆっぺが、シンガーソングライターとしてメジャー・デビューする。

先日の<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016>では、DJ'TEKINA//SOMETHING a.k.a ゆよゆっぺとして出演するなど各地でフロアを沸かせているDJとして、また、メタル系アイドル BABYMETALへの楽曲提供等の実績を持つ作編曲家として活躍するなどゆよゆっぺの活動は多岐にわたり、国内外での評価は近年急上昇している。

そんなゆよゆっぺがシンガーソングライターとしての活動を本格化。

今作は、ネットとリアルの狭間で生きる平成生まれの天才児が、ゆとり教育とよばれた時代を生きたその当時を振り返りながら、いま感じている気持ちをそのままに唄う、まさに“平成のフォークソング”を切ないアンプラグド調に仕上げた作品。収録楽曲には、ボカロPとして発表した作品や自身のバンドの楽曲のセルフカバーに加えて、2曲の新曲を収録。ゆとり世代代表の一人として届けるその唄は、あらゆる世代へ切なく届く、大切なメッセージとなるだろう。

『ゆとりだから本気になれない』
発売日:2016年10月26日(水)
【初回盤】CD + DVD
YCCW-10290/B 2,800円 + 税
【通常盤】CD
YCCW-10291 2,300円 + 税
CD収録曲:<全11曲収録予定・曲順未定>
01. You and beautiful world
02. めいめろ
03. Story of Hope
04. Hope
05. Lost Story
06. Sweet Circle
07. ゆとり(新曲)
08. 本気になれない(新曲)
09. Cry
10. だから
11. いつでも、どこでも
DVD収録予定
MVほか(約5分収録予定)

最終更新:8/15(月) 15:39

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]