ここから本文です

航空機メーカーだからこそ水平対向エンジンが誕生した!…「スバルの歴史」を辿る

オートックワン 8月15日(月)12時5分配信

世界中に航空機メーカーを前身とする自動車メーカーは数多く存在する。しかし、その航空機メーカーとしての存在感や歴史もいまだに相当の大きなアピールポイントとなっており、またそうでなければ今のすべてはありえないというほど、ストーリーとしての必然性と連続的な関係という点で、スバルほど強烈にクルマ作りにもその影が見え隠れするブランドも少ないだろう。

>> 新型「インプレッサ」を写真で見る

『オートモビルカウンシル2016』の会場を歩いてきて、“航空機メーカーが自動車メーカーになった”というより、“航空機メーカーだからこそ作ることができたクルマたち”そんなメッセージを、今改めて認識することができるのがスバルブースだった。

ここでは、新型「インプレッサ」をはじめ、スバル「1000」や空冷星型エンジン「栄」が展示されており、スバルの歴史を感じることができた。

スバルの歴史を辿る

スバルの前身は1917年創業の中島飛行機。2017年、その創立から100周年を数える。世界にその名をとどろかせる優秀な航空機を多数輩出してきた中島飛行機だが、会場にも同社が開発した空冷星型エンジン「栄」が展示されていた。このエンジンのように、ピストンが向かい合って動く航空機用のエンジンを作っていたことから、のちに自動車用のパワーユニットとして水平対向エンジンに大きなアドヴァンテージがあることを訴え続けていくきっかけにもなるのである。

またここでの展示からは、のちに富士重工業になってからもエアロスバルをはじめ、ボーイングの旅客機の設計・製造も担当するようになるなど、まさに航空機メーカーが作っているクルマ。それこそがスバルなのだということがよくわかる。

ボクサーエンジン50周年

そして、今年はそのスバルのコアテクノロジーの1つであり、今や誇りそのものといってもよいBOXER、水平対向エンジンがスバル「1000」に搭載されてデビューしてから50周年を迎える。今では主流になったFFレイアウトを国産車ではいち早く取り入れ、コンパクトなボディの中に広い室内空間を実現したスバル1000は、エンジン以外でも非常に先駆的な内容を多く取り入れた乗用車だったのだ。

低重心で滑らかなフィーリング、前面衝突時にフロアに潜り込みやすいというパッシブセーフティの考え方をその構造自体が内包して登場した水平対向エンジンは、スバルが自動車に求める、安全で高い走りの質感を併せ持った優れたパッケージのクルマというベースとなる条件を満たすうえで不可欠なエンジンだと言えるだろう。

1/2ページ

最終更新:8月15日(月)12時5分

オートックワン