ここから本文です

マカオの新IRウィンパレス、開業時のカジノテーブル350台体制に=新規割当+系列施設割当分を活用

マカオ新聞 8月15日(月)10時29分配信

 マカオのカジノ管理当局にあたるDICJは8月12日、今月(8月)22日にマカオ・コタイ地区に開業予定の大型IR(統合型リゾート)「ウィンパレス(中国語表記:永利皇宮)」に対して、ゲーミング(カジノ)テーブルを150台、スロットマシンを1145台を新規割当することを通達した。

 なお、ゲーミングテーブルの割当時期については、開幕時に100台、2017年と2018年の1月1日にそれぞれ25台ずつという段階的なもので、すべてマスゲーミング(いわゆる平場)向けとのこと。

 これまでにウィンパレス運営会社及びマカオ当局が発表した情報を総合すると、ウィンパレスのカジノフロアのゲーミングテーブル最大収容台数は約500台、新規割当申請数は400台強だったという。

 ウィンパレス運営会社は8月15日、マカオ半島新口岸地区にある系列IR施設ウィンマカオの割当分の中から250台のゲーミングテーブルをウィンパレスに移動することについて、当局の認可が得られたと発表した。これにより、ウィンパレス開業時のゲーミングテーブル数は約350台、ウィンマカオは約270台体制になるとのこと。

 マカオでは、カジノフロアに配置するゲーミングテーブル数がDICJによるコントロール下にあり、必ずしも運営会社の希望通りの割当を得られるわけではない。マカオ政府は2013年から10年間、毎年平均のカジノテーブル台数の増加率を3%以内とし、認可にあたってノンゲーミング(非カジノ要素)に対する投資規模を審査基準とする原則を打ち出している。

 DICJの最新データによると、今年(2016年)第2四半期末時点のマカオ全体のゲーミングテーブル台数は5994台、スロットマシン台数は1万3706台。

最終更新:8月15日(月)10時35分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。