ここから本文です

乃木坂46・高山一実が初ソロ写真集をリリース「地元の皆さん、1人1冊買ってください!」

TOKYO FM+ 8月15日(月)11時0分配信

7月27日に、ニューシングル「裸足でSummer」をリリースした、乃木坂46の高山一実さん、中元日芽香さんがTOKYO FMの番組に生出演。
この日の番組のテーマ、「80年代、90年代 夏に聴きたい邦楽」について語りました。

──高山一実さんが好きな80年代、90年代の邦楽は、フリッパーズ・ギターの「Camera! Camera! Camera!」


高山:昨日、ウォークマンを久しぶりに開いたんですよ。
つけてみたら、学生時代に聴いてた曲がいっぱい入ってて。SONYの曲を聴く? パソコンからつなぐデジタルのものですね。
ウォークマンを聴いてたら、当時フリッパーズ・ギターさんの『カメラ・トーク』というアルバムを聴いていたのを思い出して。その中から2曲目の「Camera! Camera! Camera!」がオススメです。

高校生の時に、一眼レフカメラにハマっていた時期がありまして。
その時に、『カメラ・トーク』というアルバムタイトルに惹かれて、聴いてみたのがきっかけなんですよ。
曲調が平成時代に聴いていた曲と近くて、なんか懐かしくなるような感じがして……。
周りでフリッパーズ・ギターを聴いていた人はいなかったですね、オザケンさんは……”名前は知ってるかな?”という感じです(笑)。

──中元日芽香さんが好きな80年代、90年代の邦楽は、プリンセス プリンセスの「Diamonds」


中元:わたし、歌の学校に通っていたんですね。その時に「日芽香の声にはパンチがあるから」と言われて、プリプリさんとか、ジュディマリさんとかを聴いてて好きだったんですね。
「世界でいちばん熱い夏」とか、いろんな曲が好きだったんですけど、その中でも「Diamonds」はいいですね。

高山:曲自体は古いなって感じはしなくて、やっぱり歌番組とかで、”懐かしの名曲!”みたいな感じでよく聴いているので、古さは感じないですね。

──高山一実さんの初ソロ写真集「恋かもしれない」をリリース!


高山:地元の南房総で撮影したんです。嬉しいけど、売り上げが怖いですね(笑)。
南房総市は人口が3万人を超えているので、全員が買ってもらえたら3万いくかな……地元の皆さん、頑張ってください! 1人1冊買ってください!(笑)

(乃木坂46の高山一実さん、中元日芽香さんは8月12日金曜日、TOKYO FMの番組「よんぱち」に生出演しました)

最終更新:8月15日(月)12時49分

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。