ここから本文です

17歳の平祐奈、姉・愛梨を超える日は近い!? 大企業CMに起用され菜々緒や宮崎あおいに並ぶ活躍

トレンドニュース(GYAO) 8月15日(月)10時47分配信

ニホンモニターが7月に発表した「2016上半期タレントCM起用社数ランキング」は、マツコ・デラックスが12社起用で女性タレント部門1位の座についたことが話題になった。マツコ以下は、有村架純、広瀬すず、吉田羊、ローラ……などなど、旬の女優たちの名前が続いているのだが、17歳の女優・平祐奈も7社起用で6位にランクイン。今はまだ“平愛梨の妹”として語られることが多い彼女だが、姉を超える日もそう遠くはない……?

平愛梨の妹がアイドル全開でカワいすぎの映像>>

■大企業CMに7社も起用される

平祐奈をCMに起用したのは、「大塚家具」「大塚製薬」「片倉工業」「ベネッセコーポレーション」「ミサワホーム」「JR東日本」「ワイモバイル」と誰もが知るような大企業ばかり。同じく7社起用でランクインしたのは、杏や菅野美穂、菜々緒、宮崎あおいといった面々だと言えば、その快挙もわかりやすいだろう。

平は2011年6月公開の映画『奇跡』で女優デビューして、同年12月よりNHK Eテレのティーン向けバラエティー「Rの法則」にレギュラー出演。さらに翌年4月からは岡本夏美、吉川日菜子たちとともに“おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!”というユニットを結成し、テレビ東京系「おはスタスーパーライブ」でレギュラーを務めた。この経歴を見ていくと、平の知名度は、まず同世代の子供たちの間で上がっていったのかもしれない。「おはスタ」や「Rの法則」を見ていた10代にとっては、大企業のイメージキャラクターを平が務めているというのは、なかなか感慨深いに違いない。

昨年4月に初主演映画『案山子とラケット~亜季と珠子の夏休み~』が公開され、その3カ月後の7月公開の映画『青鬼 ver.2.0』ではヒロイン・杏奈役を演じている。さらに同年9月にはTBS系「JKは雪女」でドラマ初主演を果たすなど、昨年から乗りに乗っていることは間違いない。また8月20日より公開される映画『青空エール』では、土屋太鳳演じるヒロインの恋敵役に抜擢(ばってき)されている。

■母の教えで太眉守る

そんな平のトレードマークは“眉毛”。清楚(せいそ)かつ凛々しい印象を与えるナチュラルな太眉の裏には母の教えがあるらしい。「眉は20歳まで剃ってはいけないと母と約束している」ことを公言。そういえば姉の愛梨もバラエティーで、母親から「アルコールはお産が上がってから」「炭酸はハタチから」としつけられたことを明かしており、平家にはまだまだ驚きの“家訓”がありそうだ。とはいっても、その教えによって平は太眉を守り、それを武器にブレークしてしまっているのだから、母にあっぱれというべきか……。ちなみに姉・愛梨との姉妹仲はかなり良く、SNS上でも仲睦まじくやりとりしている。

平としては今後ヒット映画やゴールデンタイムのドラマにどんどん出演して、さらに知名度を伸ばしていきたいところだろう。今はまだ“平愛梨の妹”のように呼ばれることの多い彼女だが、このまま順調に露出を増やしていけば、いずれ女優として姉を超える日も訪れそうだ。

ところで姉・愛梨は天然キャラで近年はバラエティータレントとしても存在感を強めている。妹の祐奈も天然なのかは気になるところだが、とりあえず姉が「私と違ってしっかりしてる」(昨年11月12日のブログより)と証言していることは添えておこう。だが、変わり者であることには間違いないらしく、ノートに書き溜(と)め、イベントなどでも隙あらば披露するほどのダジャレ好き。また趣味は「御朱印集め」と渋く、“キャラの濃さ”という意味ではすでに姉に並んでいるかもしれない……。

※宮崎の「大」は「立」表記

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:8月15日(月)20時39分

トレンドニュース(GYAO)