ここから本文です

<甲子園>花咲徳栄・高橋昂、制球修正に手応え「投げ負けない」

埼玉新聞 8/15(月) 4:40配信

 1失点完投した初戦に続く先発が予想されるエース左腕高橋昂は「暑さにも慣れてきた。いい調整ができている」と汗をぬぐう。ブルペンでは正捕手野本を座らせ、重心移動とリリースポイントを確かめるように40~50球を投げ込んだ。

 1回戦では「フォーム自体が力んでいた」と制球に苦しんだが、中4日間の修正に手応えを得ている様子。「強打のイメージ。しっかり対応できるように」と表情を引き締め、「僅差の試合になっても投げ負けない」と決意を口にした。

最終更新:8/15(月) 4:40

埼玉新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革