ここから本文です

ティッセンクルップ・オットー、日本で脱硫設備PR 本社技術部と連携深化 更新需要に照準

日刊産業新聞 8月15日(月)13時16分配信

 独ティッセンクルップグループの日本法人、ティッセンクルップ・オットー(本社=東京都港区、佐藤昌利社長)は、ティッセンクルップが開発した脱硫設備に関して、日本国内の製鉄所、コークス工場向けでアピールを推進しており、中期的に日本での初受注を目指す。国内の脱硫設備は設置後30―40年が経過しているものが多く、更新時期に来ている。ティッセンクルップの脱硫プロセスは、国内製鉄所に導入されている設備とコンセプトが異なることから、ティッセンクルップ・オットーはティッセンクルップの本社技術部門との連携を深めながら、国内需要家の既存プロセスに適用できるよう検討していく。

最終更新:8月15日(月)13時16分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]