ここから本文です

龍谷高生が「一日司法書士」体験 佐賀

佐賀新聞 8/15(月) 11:40配信

 司法書士の仕事を知ってもらおうと県司法書士会は、佐賀市の龍谷高校3年生4人を一日司法書士に任命した。4人は市内の司法行政制度を扱う現場を見学し、司法書士についての理解を深めた。

 高校生は、佐賀市の司法書士会館で登記申請や遺産分割、成年後見制度のサポートなど司法書士の基本的な仕事内容を学んだ後、市内にある司法書士法人や法務局、裁判所を訪問した。

 現役の司法書士によるソフトバンクの登記事項証明書の説明では、高校生たちは真剣に目を通していた。法務局訪問では案内役の司法書士でさえ入れない、登記の審査・処理している現場に入った。

 一日司法書士になった渡瀬はる奈さん(17)は「知らないことばかり。けれど戸籍とか意外と私たちの生活に身近な仕事だと分かった」と話す。

 同事業は日本司法書士会連合会で定めた8月3日の「司法書士の日」の前後に合わせて2012年に始まった。

最終更新:8/15(月) 11:40

佐賀新聞