ここから本文です

台風6号 根室半島付近を通過

ウェザーマップ 8/15(月) 8:16配信

 気象庁は、15日午前8時頃に台風6号の中心が根室半島付近を通過したと発表した。

 15日午前、台風6号の接近に伴い、北海道の太平洋側では、非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みだ。また、北海道太平洋側とオホーツク海側では、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風、強風やうねりを伴った高波に警戒が必要だ。

 15日に北海道で予想される最大瞬間風速は30メートル、予想される波の高さは6メートルとなっている。
 16日朝までに予想される雨量は120ミリで、15日の午前中は局地的に雷を伴って非常に激しく降る所がある見込みだ。

最終更新:8/15(月) 8:24

ウェザーマップ