ここから本文です

8日間9連戦の最終試合で高橋奈七永が病院送り!

バトル・ニュース 8月15日(月)19時46分配信

 14日に開催されたプロレスリングWAVEの新木場8日間9連戦最終興行『Sunday WAVE vol.31 ~O・SHI・MA・I~』のメインイベントにて、浜田文子&山下りなvs高橋奈七永&世志琥のタッグマッチが行われた。

 32人参加による女子プロ界最大のシングルの祭典『Catch the WAVE2016』での公式戦が引き分けに終わり遺恨を残す文子と世志琥。山下もまた世志琥を強烈に意識しておりSEAdLINNNGなどで激突している。高橋奈七永も乗り込みZABUNvsSEAdLINNNGの団体対抗戦となった。

 試合は4選手ともバチバチとしたパワーのぶつかり合いを見せ、世志琥と山下がスリーパーの絞めあいとお互い一歩も引かない姿勢を見せる。奈七永が冷蔵庫爆弾を投下すれば文子は剣山で迎撃しAPクロスディアマンテからライガーボム。キックアウトした奈七永もラリアットで反撃に転じてナナラッカ。これを返した文子が浜ちゃんカッターからムーンサルトを投下し、さらにAPクロスを2連発で叩きこみ3カウント。

 試合後、意識はあったものの奈七永は起き上がれずタンカで運ばれそのまま病院送り。その後レントゲン&CT検査を行ったが異常はなく無事とのこと。

 勝利した文子は「世志琥よ、こういうのアクシデントっていうんだよ。オメーも面白くないだろ。自分も面白くないよ。たぶん、コイツももっと面白くないと思う。残念ながらプロレスはこういう試合もある。でもこんな勝ち方じゃ私は面白くねーよ。そうだろ?」とマイク。
 世志琥も「テメーよくもウチのパートナー、あんな目に遭わせてくれたな。GAMIさん、こんなんで終わらせられないですよ!」と食い下がりリマッチを約束した。

最終更新:8月15日(月)19時46分

バトル・ニュース