ここから本文です

百田尚樹×小芝風花「永遠の0」を通じて想う「戦争」と「平和」

TOKYO FM+ 8月15日(月)22時30分配信

8月15日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、ベストセラー小説「永遠の0」のオーディオブック版発売(https://www.febe.jp/)を記念して、著者の百田尚樹さんをゲストに迎え、この作品で大石松乃役を演じた小芝風花さんとの特別対談をお届けしました。
小芝風花さんは「SCHOOL OF LOCK!」内「GIRLS LOCKS!」1週目を担当している19歳の女優。
終戦記念日に、2人が対談を通して伝えたい、10代リスナーへのメッセージとは?

「永遠の0」が生まれたきっかけ

小芝:百田さんは小説家になられる以前は放送作家だったと伺いましたが。

百田:今でもまだお笑い専門の放送作家です。28年。今もずっとチーフでやっている番組もあります。

小芝:お笑い専門の放送作家だったのに、小説家になられたきっかけはなんですか?

百田:49歳の暮れの時に。「うわっ! もう年明けたらすぐ50になるな」と思って。昔からずっと頭の中に「人生50年」という言葉が残っていて、はたしてこのままお笑いの放送作家として人生終わってもいいものかと思い、これではちょっとさみしい気もするなというのもあって、一発ちょっと違うことやってみよう!ということで小説を書きました。

小芝:そこから書かれた初めての作品が「永遠の0」ですよね?

百田:10年前に小説書いてみようと思った時に、父が末期癌で余命半年だったんです。私の父は太平洋戦争に従軍し、3人のおじもみんな参加していました。おじも癌で亡くなっていたので「あの戦争を戦った男たちが日本の歴史から消えようとしているんだ」と思いました。
私は、戦争が終わって10年目に生まれた子どもなんですが、小さい時から親父やおじさんとかおばさんにずっと戦争の話を聞いていました。私は直接戦争を体験していないけれど、戦争を体験した世代から直接聞いた世代として、「この物語を次の世代へ伝えておく義務があるんじゃないかな」とそんなことを思ったんです。それから、小説を書き始めて、小説が出版する1ヵ月前に親父は他界しました。親父はこの本知らないんです、親父に読ませたかったですけどね。

1/3ページ

最終更新:8月15日(月)22時30分

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。