ここから本文です

ホンダ、新型「シビック ハッチバック」を米国で今秋発売

オートックワン 8月15日(月)16時57分配信

アメリカン・ホンダモーターは、新型「シビック ハッチバック」をホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドから輸入し、米国で今秋に発売することを発表した。

>> 新型「シビック ハッチバック」を写真で見る(22枚)

ホンダを代表するグローバルモデルとして世界で幅広く愛されている「シビック」シリーズは現在のモデルで10代目を迎えた。2016年に発売され、「2016 North American Car of the Year」を獲得したセダン、そして、スポーティーさをさらに追求したクーペに続き、新型シビック ハッチバックは、米国で初めて販売されるシビックシリーズの5ドアモデルとなる。

シビック ハッチバックはセダン、クーペと共にグローバルモデル共通のプラットフォームを使用して開発された。シビックシリーズのコンセプトはそのままに、スポーティーなデザインをさらに際立たせ、優れた燃費性能と運動性能を両立しながら、使い勝手を向上させるなど、商品の魅力を大幅に高めている。

パワートレインは、1.5L直噴VTEC TURBOエンジンで、トランスミッションはCVTと6速マニュアルトランスミッション(※1)を採用。グレードは、LX、SPORT、EX、EX-L、SPORT TOURINGの5つを用意し、先進の安全運転支援システムである「Honda SENSING」(※2)を搭載している。

※1 6速マニュアルトランスミッションは、LX、SPORT、EXにのみ設定

※2 タイプ別にオプション設定

最終更新:8月15日(月)16時57分

オートックワン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。