ここから本文です

【リオ五輪・速報】高橋礼華/松友美佐紀が準決勝進出! メダルに一歩近づく!<女子ダブルス>

バド×スピ!/バドミントン・マガジン 8月15日(月)22時0分配信

8月15日に開催されたリオ五輪・バドミントン競技5日目は、女子ダブルスの準々決勝が行なわれ、日本の高橋礼華/松友美佐紀が出場した。

高橋/松友は、14年アジア大会銅メダルの実績を誇るマレーシアのウーン/フーと対戦。第1ゲームは序盤に競り合いながらも、11-9から先に抜け出した高橋/松友が、21-16で先制。この勢いのまま行くかと思われたが、第2ゲームは日本ペアのミスが目立ち、その隙を見逃さなかったマレーシアペアが18本で奪い返す。

第3ゲーム、出だしから連続得点で高橋/松友がリードを広げると、そのまま得点を重ねて21-9で勝利。準決勝進出を決めた。

女子ダブルスの準決勝進出は、前回のロンドン五輪で銀メダルを獲得した藤井瑞希/垣岩令佳、北京五輪4位の末綱聡子/前田美順に続き3度目となる。準決勝は明日16日に行なわれる予定。

▼女子ダブルス 準々決勝
高橋礼華/松友美佐紀2〔21-16、18-21、21-9〕1ウーン/フー(マレーシア)

バドミントン・マガジン編集部

最終更新:8月15日(月)22時9分

バド×スピ!/バドミントン・マガジン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。