ここから本文です

コンビニ強盗を偽装、現金盗んだ疑い 勤務の店員逮捕/吉川署

埼玉新聞 8/15(月) 21:56配信

 埼玉県三郷市のコンビニ強盗事件で、同店に勤務していた店員が強盗を装って現金を盗んでいたとして、吉川署は15日、窃盗の疑いで、千葉県流山市鰭ケ崎、自称会社員の男(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月20日午前3時ごろ、アルバイト店員として1人で勤務していた三郷市戸ケ崎2丁目、「ファミリーマート三郷みなみ店」への強盗を装い、現金174万7250円を盗んだ疑い。強盗容疑で逮捕された別の容疑者(29)が強盗を装っていた。

 同署によると、男は昼間、別の会社で勤務しており、容疑者と同僚だった。同署は防犯カメラの映像などから、店内の事情に詳しい人物が事件に関わったとみて捜査していた。10日夜、店に謝罪に訪れた容疑者を強盗容疑で逮捕。14日夜、男が同署に出頭したという。男は「生活が苦しくて金が必要だった」と容疑を認めているという。

最終更新:8/15(月) 22:11

埼玉新聞