ここから本文です

浅野よりも上のアーセナル戦士が五輪にいる サポーターの注目は4試合6得点と暴れるドイツ代表FWに

theWORLD(ザ・ワールド) 8月15日(月)14時50分配信

サポーターも帰還を楽しみに

今夏のアーセナルにはオリヴィエ・ジルーに代わるストライカーを獲得することが期待されていたが、今のところFWではリオデジャネイロ五輪で爆発的なスピードを活かして2得点を挙げた日本代表FW浅野拓磨の獲得に留まっている。

浅野はオリンピックのナイジェリア戦、コロンビア戦で見事な得点を決めて脚光を浴び、指揮官アーセン・ヴェンゲルも浅野の将来を真剣に検討するべきだとまで言われた。しかし、浅野以上に注目すべき選手がいる。それは昨季アーセナルからWBAにレンタル移籍をしていたU-23ドイツ代表のセルジュ・ナブリーだ。

ナブリーもリオデジャネイロ五輪にドイツ代表の一員として参加しており、ここまで4試合に出場して6得点と大爆発している。決勝トーナメントのポルトガル代表戦でも先制点を決めており、ドイツを引っ張る存在になっている。

英『Daily Mirror』もアーセナルサポーターがナブリーの帰還を楽しみにしていると伝えており、アーセナルのFW問題を解決し得る1人の候補者としてピックアップしている。同メディアのアンケート調査でも80%のサポーターがナブリーがアーセナルで上手くやれると答えており、今回の五輪でのパフォーマンスは強烈なインパクトを与えたようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月15日(月)14時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]