ここから本文です

【高校野球】花咲徳栄・高橋昂が3失点完投 樟南・浜屋との“左腕対決”制す

Full-Count 8月15日(月)14時32分配信

花咲徳栄が逆転で3回戦へ

 15日に行われた第98回夏の甲子園大会9日目の第2試合は、花咲徳栄(埼玉)が樟南(鹿児島)を6-3で破り、3回戦に進出した。プロ注目左腕の花咲徳栄・高橋昂が9回11安打3失点で勝利。樟南の好左腕・浜屋との投げ合いを制した。

21世紀の甲子園優勝校

 両投手の投げ合いで進んだ試合は4回に動いた。先取点を奪ったのは樟南。高橋昂から投手の浜屋が左越え適時二塁打を放って1点を奪った。

 一方、花咲徳栄打線は6回に浜屋を攻略。4番西川の投手強襲タイムリーで同点、5番楠本の2点二塁打、7番西銘の適時打で4得点を奪い、逆転に成功した。浜屋は7回1死二塁のピンチを招き、マウンドを同じ左腕の畠中に譲り、右翼の守備へ。その後も花咲徳栄打線は止まらず、この回、2点を追加した。

 高橋昂はチームが逆転後にさらにペースを上げて快投。9回に2点を失ったが、3失点に抑えて勝利した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月15日(月)14時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報