ここから本文です

【MLB】イチローのマーリンズはプレーオフ進出確率14.4%!? 米メディアが算出

Full-Count 8月15日(月)15時38分配信

今季は何人の日本人選手がPO進出? 前田のドジャースは確実との予想

 メジャーリーグは14日(日本時間15日)までにシーズンの約3/4を消化。プレーオフ(PO)進出へ、争いは熾烈さを増してきた。近年では、上原浩治投手、田澤純一投手がレッドソックスで2013年の世界一に貢献。14年には青木宣親外野手がロイヤルズでワールドシリーズ進出を果たしたが、惜しくも敗れた。昨年はヤンキースの田中将大投手が一発勝負のワイルドカードゲームに先発も、アストロズに敗戦。ブルージェイズに所属していた川崎宗則内野手はプレーオフではベンチ外となったものの、チームに帯同してムードメーカーとして大きな役割を果たし、ア・リーグ優勝決定シリーズ進出に貢献した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 今季はダルビッシュ有投手が所属するレンジャーズがア・リーグ西地区首位を快走。前田健太投手が奮闘するドジャースは、ナ・リーグ西地区で首位ジャイアンツを1ゲーム差で追っている。その他のチームは、現実的にはワイルドカードでのプレーオフ進出を狙う形となりそうだが、マーリンズは好位置につけており、16シーズン目を迎えたイチロー外野手が悲願のワールドシリーズ制覇に近づけるかにも注目が集まる。米CBSスポーツは、それぞれのチームのプレーオフ進出の可能性をパーセンテージで予想。今年は何人の日本人選手がポストシーズンを戦うことになるだろうか。

 特集ではまず、各リーグでプレーオフ進出が確実なチームを選出。ナ・リーグでは、中地区を独走するカブスが99.9%でプレーオフに進出するとされ、続いて東地区首位のナショナルズが99.8%、そして、前田が所属するドジャースも97.4%と算出された。ドジャースは西地区2位ながら、タレントの多さから勝ち抜くことは確実と見られているようだ。また、カブス傘下では川崎が奮闘を続けており、ロースターが25人から40人に拡大される9月には、メジャーの舞台に戻ってくることになりそう。プレーオフでのベンチ入りは厳しい状況だが、108年ぶりの世界一を目指すチームに勢いを与える存在となる可能性は十分にある。

1/2ページ

最終更新:8月15日(月)15時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。