ここから本文です

通算211ゴールのクラブ得点王がチェルシーの復活を確信「彼らは必ずタイトル争いに戻ってくる」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月15日(月)17時30分配信

ランパードも期待を寄せるコンテ・チェルシー

現在、MLSのニューヨーク・シティに所属する元イングランド代表MFフランク・ランパードは、昨季不振に陥った古巣チェルシーの復活を確信しているようだ。

MFの選手にも関わらず、チェルシーの通算最多得点記録を保持しているランパードは、2001年から2014年までの13年間で211ゴールを挙げている。そんな彼が愛するチェルシーについてコメント。クラブの公式サイトが次のように伝えている。

「チェルシーへの思いは、いまも変わらないよ。彼らが必ずタイトル争いに戻ってくると確信している。新指揮官のコンテについてチームメイトのピルロに聞いたけど、良いことしか言っていなかったよ。彼のトレーニングは非常にハードで、ピッチの上では強い団結力を求められるらしいね。新加入選手もいるし、昨季とは全く別のチームになっているはずさ」

「EUROでイタリア代表を率いるコンテを見たけど、とても情熱的な指揮官だね。常にライン際で指示を飛ばす姿はすばらしかったし、チームとともに戦う姿勢には感動した。チェルシーをどのように変えてくれるかが楽しみで仕方ないよ」

ランパードの思いが届き、チェルシーは再びタイトル争いに加わることができるのだろうか。昨季の汚名を返上し、ぜひとも復活を遂げてもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月15日(月)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]