ここから本文です

イグアインに続く流出組に!? インシーニェ代理人「インテルSDはペスカーラの時から彼を……」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月15日(月)17時57分配信

イグアインの元相棒も大人気

今夏ゴンサロ・イグアインをユヴェントスへ売却したナポリは、さらにもう1人のアタッカーを失う危険性がある。得点を量産するイグアインを主に左サイドから支えていたFWロレンツォ・インシーニェだ。

インシーニェは今夏のナポリとの契約延長交渉で、年俸の交渉が上手く進んでいない。そこを狙ってかインテルがインシーニェを注視しているようだ。インテルはU-23ブラジル代表で注目を集めているFWガブリエル・バルボサに注目しているものの、その代替案としてインシーニェの名前が挙げているという。

伊『Calciomercato』によると、インシーニェの代理人を務めるアントニオ・オッタイアーノ氏はインテルが長年インシーニェを求めてきたと語り、今でも興味を示されていることを明かした。

「インテルは常に興味を持っているし、インテルはインシーニェを好んでいる。インテルのアウリジオSDはインシーニェがぺスカーラにいた時から追いかけているんだ。今夏に移籍する可能性はあるか?それは何とも言えないね」

イグアインとインシーニェは昨季のナポリを引っ張る存在で、今夏に2人が抜けてしまうのは痛い。今夏に自慢の攻撃陣が完全に解体されてしまう恐れもあるが、インシーニェまでナポリを離れることもあり得るか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月15日(月)18時2分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]