ここから本文です

インカレ 第1シード加治ら、快勝で3回戦へ

tennis365.net 8/15(月) 19:25配信

全日本学生テニス選手権大会

大学テニス日本一の座をかけた平成28年度全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は15日、岐阜メモリアルセンター(岐阜県岐阜市/ハードコート)で女子シングルス2回戦が行われ、第1シードの加治遥(園田学園女子大)、押野紗穂(慶應大)らが3回戦進出を果たした。

大学王座初日 園田が全勝で4強

第1シードの加治は、6-4, 6-4のストレートで米原実令(筑波大)に快勝。インカレ初優勝に向けて、好スタートを切った。

3回戦では小松莉奈(東洋学園大)と河内ほのか(関西大)の勝者と対戦する。

加治は昨年のインカレ室内で優勝の実績を持つ。

また、押野も6-4, 6-0で吉富夢子(山学大)をストレートで下した。

この試合、押野は6-4で第1セットを先取すると、第2セットはさらにペースを上げて6-0で吉富を圧倒した。

押野は小柄ながらもパワーのあるフォアハンドが持ち味。3回戦は江見優生乃(法政大)と対戦する。

個人戦シングルスは96名の選手が出場。トーナメントで競い、試合形式は3セットマッチで行われる。

女子シングルスの上位シード勢は、加治遥(園田学園女子大)、林恵里奈(早稲田大)、寺見かりん(山梨学院大)、畑守美里(関西大)。

昨年の同大会では西本恵(日本)(慶應大卒)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:8/15(月) 19:25

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています